スクロール

Authentication and Authorization Error

出力形式

XMLでResponseが返却される場合は次の形式で出力されます。

<Authentication>
 <Error>100</Error>
 <Message>Wrong redirect_url</Message>
</Authentication>

 

アプリサーバーにredirectされる場合、次の形式でError Codeを受け取ることができます。

http://myapplication.com?response_type=code&error=100

 

Error Code

AuthenticationおよびAuthorization時に発生するエラーについて解説します。

Authentication and Authorizetionでは特有のError Codeが定義されており、Resource APIのResult Code Listのcodeとは異なりますので注意してください。

Code Description
0 処理は成功しました。
-1 処理はキャンセルされました。
100 指定されたredirect_urlは無効です。
101 Redirect_urlが指定されていません。
102 指定されたscopeは無効です。
103 指定されたcodeは無効です。
104 指定されたapp_idは無効です。
105 指定されたsecretは無効です。
106 指定されたAccess Tokenは無効です。
107 指定さたれRefresh Tokenは無効です。
108 認証サーバーの内部エラーです。
109 セッション情報が取得できません(Cookieからセッション情報が取得できない)。
110 指定されたresponse_typeが無効です。
111 削除することのできる権限はありません。
112 指定されたgrant_typeは無効です。
113 登録されたアプリケーションのサイトがありません。
114 ユーザーが見つかりません。
115 アクセスが拒否されました。
116 その情報にアクセスする権限はありません。
117 Access Tokenが指定されていません。
400 Access Tokenの有効期限が切れています。
401 Refresh Tokenの有効期限が切れています。
402 アクセス許可がありません。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています