スクロール

Resume - Read

Resume Read Method

Resume APIは、Resumeに対するアクセスを提供します。

Resume Readでは、指定した条件に対応する企業担当者のリストを取得することができます。

GET

https://{Request Host}/v1/resume?partition=[value]&count=[value]&start=[value]&field=[value,...]&condition=[field=value,...]&itemstate=[value]&keywords=[value,...]&order=[value,...]

 

Scope

Resume Readを行うために必要なアクセス権は次の通りです。

resume_r, candidate_r, user_r, option_r

 

Input Variables

GETやPOST Methodを利用する場合、HTTP Headerのパラメータに値を指定する必要があります。詳細はHTTP Headerを参照してください。

また、指定できるParameterは以下の通りです。

Parameter間の条件はAND指定されたものとして検索されます。

必須 Parameter Definition
partition Partition Idを数値で指定します。
アクセス可能なPartition Idを確認したい場合、Partition Readで取得してください。
count 取得するデータの件数を数値で指定します。
指定できる値の範囲は、1~200までです。省略した場合は10が指定されたものとみなします。
start 取得するデータの開始インデックスです。0以上の値を数値で指定します。
field 出力する項目を指定します。省略した場合はResume.P_Idが指定されたものとみなします。
詳細は、Read API - Parameter > Read - Fieldを参照してください。
指定できるFieldは、Resume - Field Listを参照してください。
condition 検索する条件を指定します。
詳細は、Read API - Parameter > Read - Conditionを参照してください。
指定できるFieldは、Resume - Field Listを参照してください。

但し、itemstateにdeleted、または、allを指定する場合、conditionに指定できるFieldと条件は次の3種類です。
尚、次の3種類の条件を複数指定することは可能です。
 1.Resume.P_Id
 2.Resume.P_UpdateDate
   指定可能な値は、Request日時から90日前の同時刻までの間の値です。それ以前の日時を指定することはできません。
   省略した場合は、Request日時の90日前の同時刻が指定されたものとみなします。
 3.Resume.P_UpdatedBy
itemstate 取得するデータの状態を指定します。
次の値を指定することができます。省略した場合は、existingが指定されたものとみなします。
 existing:削除されていないデータを取得
 deleted :削除されたデータを取得
 all        :すべての状態のデータを取得

※deletedまたはallを指定した場合、conditionに指定できる条件に制限が発生します。
※本Parameterは、2018/04/10より利用可能です。
keywords 取得するデータの条件をキーワードで指定します。
詳細は、Read API - Parameter > Read - Keywordsを参照してください。
order 出力時のデータの並び順を指定します。省略した場合は、Resume.P_Id:ascが指定されたものとみなします。
詳細は、Read API - Parameter > Read - Orderを参照してください。
指定できるFieldは、Resume - Field Listを参照してください。

 

Result Values

処理が成功した場合は、Response HeaderにHTTP Statusとして200が返り、Output Valuesで解説している値が取得できます。

エラーが発生した場合は、200以外の値が返ります。

 

Output Values

出力値はXML形式で取得できます。

Tag Definition
Resume 条件に該当するResumeを含むルート要素です。
取得できたデータの数がCountに、取得データのインデックスがStartに設定されます。Startは0から始まるインデックスです。
Resumeの一つずつをItem要素として列挙します。
 Total Resumeの属性。指定した検索条件で取得できる総件数を示します。
 Count Resumeの属性。今回取得したデータの件数を示します。
 Start Resumeの属性。今回取得したデータの開始インデックスを示します。
Code 処理結果を表すcodeです。詳細は、Result Code Listを参照してください。
Item 一つのResume情報を表します。Field要素を持ちます。
 Field 指定された項目の値を格納します。
要素の名称は、Resume - Field Listを参照してください。

 

Resume Read Sample

※本サンプルでは、Encodeを行わずに記載しています。実際のRequest時には内容によってEncode/Decodeが必要です。

次のサンプルは、Resume Readで希望勤務地に東京または神奈川が選択されていることを条件として、レジュメID、レジュメタイトル、希望勤務地を取得した場合の例です。

Input Parameter

https://{Request Host}/v1/resume?partition=999999&field=Resume.P_Id,Resume.P_Name,Resume.P_ExpectArea&condition=Resume.P_ExpectArea:or=Option.P_Tokyo:Option.P_Kanagawa

 

Output XML

<?xml version=”1.0” encoding=”UTF-8” standalone=”yes”?>
<Resume Total=”14” Count=”10” Start=”0”>
 <Code>0</Code>
 <Item>
  <Resume.P_Id>1234</Resume.P_Id>
  <Resume.P_Name>山田 花子(1234)</Resume.P_Name>
  <Resume.P_ExpectArea>

   <Option.P_Kanagawa>
    <Option.P_Name>神奈川県</Option.P_Name>
    <Option.P_Id>88</Option.P_Id>
   </Option.P_Kanagawa>
   <Option.P_Tokyo>
    <Option.P_Name>東京都</Option.P_Name>
    <Option.P_Id>87</Option.P_Id>
   </Option.P_Tokyo>
   <Option.P_Saitama>
    <Option.P_Name>埼玉県</Option.P_Name>
    <Option.P_Id>85</Option.P_Id>
   </Option.P_Saitama>
   <Option.P_Chiba>
    <Option.P_Name>千葉県</Option.P_Name>
    <Option.P_Id>86</Option.P_Id>
   </Option.P_Chiba>
  </Resume.P_ExpectArea>
 </Item>
 <Item>
  <Resume.P_Id>1235</Resume.P_Id>
  <Resume.P_Name>鈴木 一郎(1235)</Resume.P_Name>
  <Resume.P_ExpectArea>
   <Option.P_Area>
    <Option.P_Kanagawa>
     <Option.P_Name>神奈川県</Option.P_Name>
     <Option.P_Id>88</Option.P_Id>
    </Option.P_Kanagawa>
   </Option.P_Area>
  </Resume.P_ExpectArea>

 </Item>
 ...
</Resume>

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています