スクロール

Result Code List

Resource APIでのアクセス時に返却される処理結果コードは次の通りです。

Authentication and Authorization Errorのcodeとは異なりますので注意してください。

Code 内容 よくある原因 対処方法
0 処理が成功しました。
5 ユーザーIDが無効です。 該当のユーザーIDの状況が利用開始前、または利用終了している。 ユーザーIDの利用状況を確認してください。
6 アクセスしているユーザーに権限がありません。
7 指定されたResourceは存在しません。
8 システムの内部エラーが発生しました。 登録データ内に制御コードが含まれている。 制御コードを削除して再度お試しください。
Conditionに、複数のIDを「and」で指定している。 条件を「or」に変更して再度お試しください。
9 システムが一時的に利用できない状態になっています。 HRBCならびにAPIがメンテナンス中である。 メンテナンスが完了するまでお待ちください。
メンテナンス情報は、HRBCヘルプ > メンテナンス・バージョンアップ情報を確認してください。
100 指定されたパラメータが無効です。 一文字抜けているなど、パラメータの記述が誤っている。 パラメータの記述内容を確認してください。
利用していた項目がHRBC上で削除された。 HRBCのシステム管理者と確認し、該当項目をパラメータに指定しないなど対応を検討してください。
itemstateにdeletedまたはallを指定している。
かつ
conditionで{Resource}.P_Id、{Resource}.P_UpdateDate、{Resource}.P_UpdatedBy以外を指定している。
itemstateの値、またはconditionの値を見直してください。
101 必要なパラメータが不足しています。 取得したAccess Tokenが正しく反映されていない。 Access Tokenが正しく反映されるよう、プログラムを見直してください。
Post Methodの場合、Content Type、charsetの指定ができていない。 HTTP Headerを確認し、Content Type、charsetを指定してください。
各Resource APIで必須とされているパラメータが指定できていない。 各Resource APIのページで必要なパラメータを確認してください。
102 パラメータが多すぎます。
103     指定されたパラメータの値が無効です。 Headerに指定するContent Typeの設定が誤っている。 HTTP Headerを確認し、Content Type、charsetを指定してください。
取得したAccess Tokenが正しく反映されていない。 Access Tokenが正しく反映されるよう、プログラムを見直してください。
パラメータに指定したDate Timeの書式が誤っている。 Field Type & Data Type Listを確認し、正しい書式で指定してください。
Optionの指定が誤っている。 XML Format - Write API > Field Type:Optionを確認し、指定方法を見直してください。
上位Resource項目の参照時の指定が誤っている。 Parameter > Read - Fieldを確認し、指定方法を見直してください。
開発環境で利用していたUser IDを、そのまま本番環境へのRequest時に指定している。 開発環境と本番環境では、存在するUserが異なります。
正しいUser IDを確認してください。
利用していた項目がHRBC上で削除された。 HRBCのシステム管理者と確認し、該当項目をパラメータに指定しないなど対応を検討してください。
104 無効な文字コードが含まれています。

105 サポートされていないEncodingが指定されています。
106 指定した値に、無効な書式が指定されています。
107 指定した値が、整数の書式として認識できません。
108 指定された値が、実数の書式として認識できません。
109 指定された値が、パラメータの型と一致していません。
110 指定された値が、年月日の書式として無効です。
111 指定された値が、年月日時分の書式として無効です。
112 指定された値が、年齢の書式として無効です。
113 指定された値が、範囲を超えています。
114 指定された値が、小さすぎます。
115 指定された値が、大きすぎます。
116 値が指定されていません。
124 指定された値が、範囲を超えています。 itemstateにdeletedまたはallを指定している。
かつ
conditionで{Resource}.P_UpdateDateに91日前以前の日付を指定している。
itemstateの値、またはconditionの値を見直してください。
126 最新フェーズとして設定できません。 フェーズ日付が登録済み日時より過去日付になっている。 Phaseの更新についてを確認し、条件を満たすよう指定してください。
127 最新フェーズが設定されていません。 フェーズが指定されていないのに、フェーズ日付またはフェーズメモを指定している。 フェーズ日付、フェーズメモを登録したい場合は、合わせてフェーズを指定してください。
不要な場合は、フェーズ日付、フェーズメモの指定を削除してください。
133 指定されたitemstateの値が無効です。 itemstateにdeleted、all、existing以外の値を指定している。 itemstateの値を修正してください。
301 対象のデータが既に存在しています。 同じJobとResumeの組み合わせで、Processが既に存在している。 同じJobとResumeの組み合わせでのProcess登録はできません。
既存のレコードを更新するか、組み合わせを変えて登録してください。
302 トランザクションでエラーが発生したため、データの更新ができませんでした。 一時的なエラーが発生した可能性があります。 再度Requestをお試しください。
303 対象のデータは、子要素が存在します。
304 対象のデータは、他の要素に参照されています。
400 対象のデータにアクセスする権限がないか、不足しています。
401 Access Tokenの期限が切れています。
402 Access Tokenが無効です。 取得したAccess Tokenが正しく反映されていない。 Access Tokenが正しく反映されるよう、プログラムを見直してください。
403 対象のデータにアクセスする権限がありません。 Company DBにアクセス権を付与するにはの手順を実施していない。 必要なScopeを確認し、Company DBへのアクセス権付与の手順を実施してください。
Company DBにアクセス権を付与するにはの手順実施時に、必要なScopeが不足していた。 必要なScopeを確認し、再度、Company DBへのアクセス権付与の手順を実施してください。
404 対象のパーティションは存在しないか、または利用期間外です。 まだHRBCが利用開始されていない。 HRBC利用開始後に再度お試しください。
HRBCを解約している。 APIアクセスはできません。
Partition IDが誤っている。 正しいPartition IDを指定してください。
HRBCにログインしていないのに、Partition APIのrequest_typeに「0」を指定している。 Request_typeに「1」を指定するか、HRBCにログインした状態で再度お試しください。
Company DBへのアクセス権付与の手順を実施していないのに、request_typeに「1」を指定している。 必要なScopeを確認し、Company DBへのアクセス権付与の手順を実施してください。
Access Tokenの有効期限が切れているために、アクセス可能なパーティションが存在しない。 Access Tokenを取得、またはRefreshしてお試しください。
406
アクセス許可がありません
IPアドレス制限が有効かつ、指定されているIPアドレスの範囲外、もしくはIPアドレスが正常に取れない。
 指定されるIPアドレスを専用フォームより申請してください。
500 登録最大件数を超えています。 現在は制限プランでの契約がないため、基本的には発生しません。  
601 対象のRequestを処理するためのアプリ権限がありません。 アプリ登録時に設定された処理権限を超えたリクエストが行われている。 ポーターズにて申請内容と登録内容を確認致しますので、ヘルプデスク宛にご連絡ください。
1000 処理が失敗しました。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています